SNS連携でリアルタイム発信を!

ホームページを見渡していると、SNS情報をバンバン載せているサイトと、全く載せていないサイトとに大きく分かれます。知りたい情報をウェブで手軽に調べたいユーザー側の視点に立つとき、リアルタイムな情報が載っていないサイトは不利になります。

たとえば、列車の運行状況。
いちはやく目的地に着きたい時に、電車が止まっていたり、遅れていたりすると困ります。そういったとき、鉄道会社のウェブサイトで、リアルタイムな運行状況が更新されていれば、ユーザーがサイトへ訪れる頻度は上がります。
お店でも、クリニックでも同じです。
冬のインフルエンザが流行する前、インフルエンザワクチンの予防接種ができるかどうか、などクリニックでのワクチン入荷状況や診療時間などの案内がウェブサイト上でリアルタイムに流れていると、ユーザーは安心してサービスを受けに行くことができます。

しかし、実際のところ、ホームページをリアルタイムに更新し続けるのは難しいでしょう。そこで役立つのがSNS連携です。
ホームページのトップにTwitterやFacebookの更新状況を流していくことで、ユーザーへのリアルタイムな情報提供が可能になります。弊社のサービスではこのSNS連携を標準で実装いただけます!